先日、近所の雑貨屋で The CableBox なる商品を見かけ、衝動的に買ってみた。これは電源タップやケーブルを隠すための箱で、我が家のサーバー、PC、その他周辺機器類から伸びる大量のケーブルを隠蔽するのに、大小ある製品バリエーションのうち、デカい方がちょうどいいサイズだったからだ。

早速自宅の机の下を這い回っていた 6口の電源タップ 2本と大量のケーブルを押し込んでみると、非常にスッキリまとまった。煌々とオレンジに点灯し、部屋を暗くすると目障りだった電源タップの差込口の ON/OFF を個別に切り替えるスイッチも、完全に視界から消えて快適になった (12個のうち 9~10個が点灯していると、意外と明るくなる)。

さらに前述の製品サイトでもアピールされているように、隙間に溜まった埃が何かの拍子で発火する事故 (「トラッキング現象」 と言うらしい) のリスクを軽減できることは、常時稼動機器が多い我が家ではポイントが高い。ケーブル類が一まとめになったことで、掃除の際も楽になる。

まァ実際のところはただのプラスチックの箱だし、雑貨屋では定価 (¥3,980) で買ってしまったことも相まって、(価格とのバランスで) 何かこう釈然としないモヤモヤ感がないとは言わないが、効果は謳い文句どおり。デッド・スペースになりがちな電源タップ上にモノを置くこともできるので、興味がある方はぜひどうぞ。

Comments are closed.